春日井市消防本部 原科 享介様が平成29年度「消防防災科学技術賞」を受賞されました。

11月29日、東京ニッショーホールにて春日井市消防本部の原科享介様が平成29年度「消防防災科学技術賞」を受賞されました。受賞された作品は「ロープ展張並びに浮具等の搬送投下を実施でき、かつ車載を考慮した無人航空機(ドローン)の開発」です。

これは河川の増水や津波等により中州、バスの屋根上、電柱上に取り残された方を救助するために、対岸にロープを展張したり、浮具を搬送し投下するためのドローンです。

原科様は機体の開発だけでなく、このドローンを用いた救助プログラムも製作されております。これはJRSP(日本救助技術標準化プロジェクト)の新たな救助プログラムの1つとして今後、訓練される予定です。そして株式会社DSA(ドローンスクール愛知春日井校)でも梅原校長の指導の下、今後この救助プログラムを学ぶことが可能です。

共和製作所では原科様のドローンを軽量、高強度、コンパクト化するためにCFRP(カーボン)にてフレームや各種パーツの製作を行っております。このドローンが近い将来、人命救助活動の一端を担うことが出来ればと切に願います。

 

総務省・消防庁の受賞内容

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
 

関連リンク

 
PAGE TOP