共和製作所について

1つの事を深く掘り下げ、突き詰めていく「一所懸命」。
この精神を胸に共和製作所は日々ものづくりに挑戦しております。

また、創業55年の技術と経験を活かし、現状に甘んじることなく、
新たな分野への挑戦も取り組んでおります。
日本人が昔から培ってきた「八紘一宇」の精神のもと、
“共に和する”の名の如く、手を携え、共に前に進みましょう。

 

当社のご紹介をさせていただきます。

会社名     株式会社 共和製作所
会社名(英)  KYOWA Manufacturing Inc.
代表取締役  河口 治也
資本金     1,000万円
設立       1962年 1月
従業員数      30人(内、派遣10人)
事業内容    自動車部品及び機械部品製造
工場敷地    4,330㎡
工場建屋    2,400㎡
所在地〒476-0002
愛知県東海市名和町蕨山7-239
電話
FAX
052-603-3131
052-603-3132
E-mailinfo@kyowa-tokai.co.jp

 

会社沿革

2018年2月真円度測定器の導入
2017年12月3Dプリンターの導入
2017年 9月キーエンス画像寸法測定器IM7020導入
2017年 2月ミツトヨ表面粗さ・輪郭形状測定器SV-C3200S4導入
2017年 1月オリンパス光学測定顕微鏡STM7-SFA導入
2017年 1月ヤマザキマザック複合加工機導入
2016年11月CFRPの加工開始
2015年 4月自社開発:生産管理システム導入
2014年11月タキザワCNC旋盤導入
2014年 9月株式会社諏訪機械製作所殿と取引開始
2014年5月第二創業としてのCFRP加工を検討開始
2013年 2月ブラザータッピングセンター導入
2012年 3月自動保磁力計導入
2009年 4月 ISO9001:2008に移行
2007年 6月服部精密株式会社殿と取引開始
2006年 1月株式会社ジェイテクト殿と取引開始(客先の合併に伴い)
2004年 2月ブラザー精密工業株式会社殿と取引開始
カムシャフトの旋盤加工を受注・生産開始
2000年 8月住重冨田機器株式会社殿と取引開始
サイクロ減速機の部品を受注・取引開始
1999年 6月名古屋電気株式会社殿と取引開始
ITCC部品を受注・加工開始
1996年 6月A/T電磁弁部品にブラケット取付の為、プロジェクション溶接導入
1994年 1月A/T電磁弁部品の受注・生産開始
1989年12月P/S部品加工の為M/C導入
1986年 4月油圧反力P/S部品受注CNC旋盤導入
1984年 9月主力設備を東海工場に移設、本格稼働

東海工場を本社とする
1980年 6月東海工場(現本社)の操業開始
80㌧冷間鍛造プレス設備を導入
P/Sシャフトのスプライン冷間成形開始
1973年12月株式会社 共和製作所 法人組織に改組
1964年 6月豊田工機株式会社殿と取引開始
1962年 1月現在の共和工場にて個人創業開始

当社イメージキャラクター『ワラボン』

PAGE TOP